風俗業界のビジネス規模とその実情

風俗をビジネスと捉えると、見えなかったものが見えてきます。 風俗業界を丸裸にして、市場規模や給与状況、皆さんが思い描いているイメージとのギャップ、将来性について様々な角度から見ていきたいと思います。 なかなか表に出てこないこの業界の裏事情などあからさまにしていきます。

風俗業界というビジネスフィールド

風俗業界は、およそ6兆円の一大産業です。この市場規模がどれくらいの大きさなのかを視覚的に比較したものが上の画像になります。

因みに他の産業は、

住宅リフォーム市場 約7兆円
ネット通販市場 約7兆円
証券市場 約4兆円
パチンコ市場 約4兆円
ブライダル市場 約3兆円
葬祭ビジネス市場 約2兆円

こうやって見ると、風俗業界はかなりの規模ですよね。

更に突っ込んで風俗産業の大まかな内訳をみるとこんな感じです。

ソープランド:1兆円
キャバクラ:1兆円
ヘルス・イメクラ:7000億円
ピンサロ:6000億円
デリヘル:2兆円

特にデリヘル市場が大きいようですが、現状はカオス状態です。

近年のデリヘルブームで、競争が進み、新規参入店の9割以上が廃業という状態です。それでも追従者が後を絶たないそうです。
それくらい、一攫千金を狙う者にとっては、魅力的な業界なんですね。
因みに廃業率が高いのは、ライバルが多い反面、価格もコンセプトもサービス内容も多種多様で、ライバルとの差別化が難しいからだそうです。

何れにしても、他の業界に比べても遜色のない市場規模を持つ風俗業界は恐るべしです。
しかも昨今の景気停滞感が漂う中、毎年成長を続けている業界でもあります。
やはり人間の欲望が生み出す産業は、膨張の一途を辿るのでしょうか?
このような業界絵図の中で生き残り、成長を続けるためには、他の業界同様、もしくはそれ以上に厳しい競争を勝ち抜くための戦略とスキルが必要になります。
こうした業界の裏側と今後について深く掘り下げて見て行きたいと思います。

風俗業界の仕事内容と必要なスキルについて

風俗とひと口に言っても仕事の内容は色々ですし、必要な知識やスキルも異なります。 キャスト以外では具体的にどんな仕事があるのでしょうか? また、どんなスキルや知識が必要とされるのでしょうか?時代とともに変化している風俗業界の現状の仕事内容について、風俗店員の業務にスポットあてて、見ていきましょう。

風俗業界の今後

今や日本経済は停滞状態です。かつてジャパンアズナンバーワンと言われていた時代は遠い昔です。そんな中、国内景気が唯一衰えない産業があります。それが風俗産業です。さて、この風俗産業に未来はあるのでしょうか? 最後に、この風俗業界の将来性について検証してみたいと思います。

上へ