風俗業界の仕事内容と必要なスキルについて

業態別の仕事内容について

風俗店で働いている人は十人十色。
風俗店員になる前の職業は、営業マンや自衛官、教師、フリーター、携帯ショップの店長など様々です。
もちろん、同業者からの転職も多いです。

そのような人達が、なぜ風俗業界を選ぶのでしょうか?
主な理由は、「風俗が好き」「高収入」「需要が安定してる」などのようです。

では、そんな風俗店員の仕事を見てみましょう。
キャスト以外にも実に様々な業務があります。
受付などのコミュニケーションスキルが求められる接客業務やキャストの出勤やケアなど管理能力が問われるキャスト管理、今の時代欠かせないブログなどを日々更新するプロモーション業務、これに関連して動画や写真のコンテンツの作成業務、定期的にイベントを行う企画提案業務、それからいわゆる雑務全般を行う保守業務などがあります。

一般の企業同様、最先端の技術を取り入れながら、常に新しい戦略や独自の戦術がないと生き残れない業界のようです。

スキルこそが大事な風俗業界

機械化やAI、自動化が進む時代に、企業が人件費を割いて人間にやらせる仕事が「過酷」「キツい」のは当たり前です。

一方、風俗の店員というのは、前述したように様々な業務があります。

接客やキャスト管理等の業務ではコミュニケーション能力が、PR業務や企画立案業務ではウェブによる広告宣伝の知識が、動画や写真の撮影では想像力がマストです。つまり、風俗店の現場では、どんな業界でも通用するスキルが求められるのです。

これはどこの業界も同じですが、こうしたスキルがない人間は大成しません。

大手の風俗店ではこれらの業務を行う上で、しっかりとした研修や教育が行われルトこともあるようです。
言い方悪いですが、そこいら辺の中小企業よりもしっかりしているかもしれませんね。
こうした業界でも、風俗の店員を通して、世の中に通用する幅広いスキルを磨くことができます時代になっているのです。


この記事をシェアする
TOPへ